下回転サーブ

卓球

スポンサーリンク

●フォアハンド下回転サーブ

下回転サーブを打つには、ラケットの面を卓球台と平行にし、ボールの下側をこするように打ちます。

下回転のかかったボールは、相手コートに着地した瞬間に減速し、戻る感じの動きをします。

下回転をかけるコツはラケットとボールが触れるインパクトの瞬間に手首の動きを早めることにより強い下回転をかけることができます。

ラケットがペンホルダーの場合は問題ないのですが、シェークハンドの場合は通常の持ち方だと手首の稼動範囲が狭くなり回転をかけづらいので、親指で表ラバーをもち、裏側をひとさし指で支え、ラケットを握りこむ感じでサーブします。こうすることでスナップがよく利き、より強い回転をかけることができます。

●バックハンド下回転サーブ

バックハンドの下回転サーブの場合は、シェークラケットでも通常の持ち方で構いません。

卓球台に対してバックハンドの構えをとり、ボールをトスすると同時にバックスイングを行います。そして半円を描くようにラケットを振り、ボールの下側をこすります。

インパクトの瞬間に肘と手首を使いカットする速度を上げれば、強い下回転サーブを打つことができます。

驚異の卓球上達法
日本卓球リーグ大会優勝3回、日本卓球界で常勝軍団を作っている監督兼選手の遊澤亮が卓球上達の秘伝をお教えします。

卓球ジュニア選手育成プログラム
勝つための高度なテクニックをぐんぐん伸ばす、ジュニア卓球上達方法をついに公開!

スポンサーリンク