つっつき(カット)レシーブ

卓球

スポンサーリンク

つっつきは基本レシーブの一つで、かなりの頻度で使うことになります。

下回転のかかったボールを普通に打とうとすると跳ね返ったボールは自分のコートに落ちたりネットにかかりやすくなってしまいます。

そのような場合、ツッツキで同じ下回転をかけてレシーブすることにより思い通りにボールをコントロールすることができます。

つっつきをする時は卓球台と平行ぎみにやや先端を下げた角度でボールの下側をカットします。このラケットの角度を間違うとネットにかかったり、高いボールが上がってしまい相手にスマッシュチャンスを与えてしまうので、うまくネットに近い低弾道の打球を打ちましょう。

実際につっつきを何度も繰り返して感覚的に一番良いラケット角度をつかむのが重要です。

つっつきは決めのショットではなくあくまでつなぎのショットです。返球後はすみやかに基本姿勢に戻るように心がけてください。

驚異の卓球上達法
日本卓球リーグ大会優勝3回、日本卓球界で常勝軍団を作っている監督兼選手の遊澤亮が卓球上達の秘伝をお教えします。

卓球ジュニア選手育成プログラム
勝つための高度なテクニックをぐんぐん伸ばす、ジュニア卓球上達方法をついに公開!

スポンサーリンク