ラケットの握り方

スポンサーリンク

●シェークハンドの握り方

ラケットのラバーに人差し指を固定し、他の4本の指でグリップを握るように持ちます。その際にはラケットの根元と手を近づけるようにしてください。

ラケットの根元から手が離れてしまうと、人差し指でラケットを固定できなくなってしまいます。ラケットと手が同化するようなイメージで深く握るようにしてください。

あまり力を入れすぎると手首を動かしにくくなりますので、自然体で軽く握るようにしましょう。

●ペンホルダーの握り方

その名の通りペンを持つ感じで握ります。グリップを親指と人差し指で囲むように握り、中・薬・小指はラケットの裏面にコンパクトにまとめる感じです。

裏側の3本の指を開くとバックハンドで打つときに手首が返しづらく打ちにくいのでラケットを持つのではなく添えるくらいで握るようにしましょう。

手の平とラケットの間にはボール1個分くらいの余裕を持たせることで、自然にペンホルダーを扱えるようになります。

驚異の卓球上達法
日本卓球リーグ大会優勝3回、日本卓球界で常勝軍団を作っている監督兼選手の遊澤亮が卓球上達の秘伝をお教えします。

卓球ジュニア選手育成プログラム
勝つための高度なテクニックをぐんぐん伸ばす、ジュニア卓球上達方法をついに公開!

スポンサーリンク