卓球ラケットの種類

ラケットの種類

スポンサーリンク

卓球のラケットは大きく分けてシェークハンドとペンホルダーの2種類に分けられます。

シェークハンドは握手という意味の通り、握手する時のようにグリップを握ります。シェークハンドのラケットには両面ラバーが貼られており、バックを打つときも手を返さずに球を打ち返すことができます。

両面にラバーを貼りますので、ラケットが重くなってしまうという短所もありますが、強い打球を打ちやすくもあります。

ペンホルダーはペンを持つ感じでグリップを握ります。基本的にフォア側の面にラバーを貼りプレーしますが、ルール改正後、ペンホルダーの裏面にラバーを貼ることが可能になりました。

手首の動作のみで球に回転を掛けやすいため、強いスピンをかけるのに向いています。

どちらのラケットにも一長一短がありますが、何よりも実際に使ってみて自分が使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

驚異の卓球上達法
日本卓球リーグ大会優勝3回、日本卓球界で常勝軍団を作っている監督兼選手の遊澤亮が卓球上達の秘伝をお教えします。

卓球ジュニア選手育成プログラム
勝つための高度なテクニックをぐんぐん伸ばす、ジュニア卓球上達方法をついに公開!

スポンサーリンク