レシーブについて

レシーブ

スポンサーリンク

ボールがフォア側に来ても、バック側に来てもすばやい動きで対応できなくてはなりません。そのためレシーブする際には、身体の中心あたりに重心を置き、軽くつま先に体重をかけるイメージで自然体で構えておくとどのようなボールが来ても無理なく反応できます。

レシーブを打ち終わっても安心せずに、また次の打球に備えて、基本姿勢に戻ることを心がけてください。

卓球初心者の方にはなかなか難しいことですが、相手の打ち方により、縦回転か横回転かを見極め、回転に応じてレシーブすることが卓球を上達するコツです。

はじめはきちんと相手コースに返せるようになることを目指し、それを達成したら、今度は相手が打ち返しづらいポイントを狙うようにしましょう。

驚異の卓球上達法
日本卓球リーグ大会優勝3回、日本卓球界で常勝軍団を作っている監督兼選手の遊澤亮が卓球上達の秘伝をお教えします。

卓球ジュニア選手育成プログラム
勝つための高度なテクニックをぐんぐん伸ばす、ジュニア卓球上達方法をついに公開!

スポンサーリンク