ラバーの種類

表ラバー 裏ラバー

スポンサーリンク

卓球ラケットのラバーは表ソフトラバー、裏ソフトラバーの2種類に分けられます。

表ソフトラバーは、ラバーの表面に粒が出るようにスポンジと貼り合せているラバーです。

球と面との接触面積が小さくなるので、玉離れが早くスピードが出やすいといった特徴があります。

ナックル(無回転)系の打球が打ちやすいので、とにかく前に出て球を打ち返すタイプの選手に向いています。

表ソフトラバーの場合は、後退してしまってはその長所が生かせませんので、積極的に前にでて打ち合いましょう。

裏ソフトラバーは、シートの平らな面を表面にしているラバーです。

表面が平たく球と面との接触面積が大きくなるので、ボールに回転をかけやすいといった特徴があります。

ボールのコントロールがしやすいため、初心者を含む幅広いユーザー層で使われています。

驚異の卓球上達法
日本卓球リーグ大会優勝3回、日本卓球界で常勝軍団を作っている監督兼選手の遊澤亮が卓球上達の秘伝をお教えします。

卓球ジュニア選手育成プログラム
勝つための高度なテクニックをぐんぐん伸ばす、ジュニア卓球上達方法をついに公開!

スポンサーリンク