サーブのルール

卓球ルール

スポンサーリンク

サーブ時にはボールを手の平に乗せサーブのポーズを取りますが、このとき手に持ったボールを握りこんではいけません。相手によく見えるように手をよく広げてボールを乗せましょう。

トスは卓球台の外側で16cm以上上げなければなりません。またトスを上げる場所は卓球台の外側、つまり卓球台の上でトスを上げてはいけません。

ボールをインパクトするタイミングは、トスが最高点に上がった後です。トス上昇中に打球した場合はフォルトとなり失点してしまいます。また一度打球したボールに連続してラケットに触れた場合もフォルトとなります。

1度トスしたボールを空振りしたりキャッチしてしまった場合の、相手の得点となります。サーブを打った後、自コートでバウンドし、相手コートに着地したらサーブの成功です。相手コートをオーバーしてしまったり、ネットにかかった場合は相手の得点となります。ネットにかかり相手コートに落ちてしまった場合はサーブの打ち直しとなります。

驚異の卓球上達法
日本卓球リーグ大会優勝3回、日本卓球界で常勝軍団を作っている監督兼選手の遊澤亮が卓球上達の秘伝をお教えします。

卓球ジュニア選手育成プログラム
勝つための高度なテクニックをぐんぐん伸ばす、ジュニア卓球上達方法をついに公開!

スポンサーリンク