試合の流れ

卓球ルール

スポンサーリンク

試合を始める前に審判の立会いの元、じゃんけんを行います。じゃんけんで勝った方が最初にサーブをするか、レシーブをするかを選び、負けた方が最初にプレーするエンドを選びます。

審判のレディの合図で試合の態勢に入り、ラブオール(0:0)の声で試合が始まります。

サーブは2本打ったら交代となり、その後サーブとリターンが交互で交代となります。先に11点取れば1ゲームの勝ちです。ポイントが10対10となった場合はジュースとなり、その後は2点分の差をつけることができれば勝ちとなります。

試合により3ゲーム、5ゲーム、7ゲームなどがありますが、いずれにしろ半分以上のゲームを取れば勝ちとなります。公平を期すために最終ゲームではどちらかが5点先取した時点で場所替えとなります。

驚異の卓球上達法
日本卓球リーグ大会優勝3回、日本卓球界で常勝軍団を作っている監督兼選手の遊澤亮が卓球上達の秘伝をお教えします。

卓球ジュニア選手育成プログラム
勝つための高度なテクニックをぐんぐん伸ばす、ジュニア卓球上達方法をついに公開!

スポンサーリンク